復縁の冷却期間、上手な時間のおきかた

復縁の冷却期間、上手な時間のおきかた

彼と別れてしまったけど復縁したい!
でも別れ方によってはすぐにそれを伝えるのもましてや連絡をとるのも簡単にはいかないという方も多いですよね。
時間をおくということは復縁にはとても重要な要素です。

 

なぜ時間をおくかというと相手はもちろん自分も冷静になるためです。

 

感情のまま別れて感情のまま復縁なんてことはできません。
別れた理由、状況などを考えて期間ごとに有効な時間のおきかたをお伝えします。

 

 

まずは1週間

比較的短めですよね。
これはささいなできごとから大けんかに発展した場合やすれちがいなどを原因に別れ話になった場合などはこのくらいの期間でいいでしょう。

 

その場でほんとは解決できるようなことだったのに勢いで別れ話まで突っ走ってしまうこともよくあることです。

 

話し合って解決できるのですが別れ話まで持ち上がってしまっているので1週間程度期間をあけることでお互い考える時間ももて、冷静になれますしあやまる決心もつきます。

 

なによりさびしいと感じ始めるのも1週間くらいからではないでしょうか。
勢いやささいな理由が原因の場合は1週間をおすすめします。

 

 

1か月

少し長めですね。

 

別れ話のときお互いの意見がまったく受け入れられない、話が平行線だった場合はこれくらいの期間が必要です。

 

話し合いではそうそう解決できそうにもなかった場合も1カ月ほど時間をおいてみることで相手の意見をじっくり自分なりに考えることができますし、他人に意見を求めることも可能です。

 

自分の友達や共通の知人に相談してみるのもいいかもしれません。
お互いの意見を並べてゆっくり考え、噛み砕くにはこのぐらいの期間は必要です。

 

どちらにせよお互いが真正面からぶつかり合っている場合には妥協点を探さなければなりません。

 

その妥協点を自分なりに定めておいて受け入れることもこのくらいの期間が妥当です。

 

 

そして3か月

お互いの意見が合わないうえにその場で関係の継続を求めてしまい、それがなおかつ受け入れられなかった場合は長めの時間をおくようにしましょう。

 

別れ話が持ち上がりあなたが関係の継続を求めたにも関わらずそれが受け入れられなかったのですから彼の意志は固いと見えます。

 

そんな相手に短期間でまた連絡してしまっては到底復縁は叶いません。
思い切って3か月は様子を見ましょう。

 

この3カ月であなたは冷静になり、自分を彼にとって魅力ある人に近づけなければなりません。

 

3か月のあともいきなり復縁は迫らずにできるだけ自然に彼と接しましょう。

 

大人になったあなたを見せるのです。

 

最後にどうしても時間をおくことに耐えられないあなたは
時間をおいている間に自分を磨くことに没頭しましょう。

 

彼と復縁するためには少なくとも別れたあの日のままのあなたでいいはずがありません。

 

短い冷却時間でも自分の考えをしっかりまとめ、彼に言われたことを自分なりに解釈するだけでもあなたは相当成長できます。
時間を有効に利用して復縁のための準備をしましょう。

あなたの体験談を募集!!

当サイトでは占いの体験談を募集しています。
あなたの体験談が当サイトを訪れる皆さんの役に立ちます!
是非、生の声をお聞かせください♪



人気復縁体験談

 

 

片思いの恋愛を両想いに変える強力な縁結びを占いをしてみませんか?

当サイトでは、長年の信頼実績がある大手電話占いサイトを

最新の口コミ人気ランキングでご紹介♪

 

占い師はいわば恋愛問題解決のプロ!

現在無料キャンペーンを実施しているサイトも盛りだくさんですよ♪

あなたも長い片思いから、強力なプロのアドバイスで素敵な両想いを叶えてみませんか?