彼と復縁するための冷却期間って?

彼と復縁するための冷却期間って?

大好きな彼と喧嘩になってしまったり、彼の仕事が忙しくて……など、別れの理由は様々でしょう。
原因にそれぞれ違いはあれど、別れる、と結論を出されてしまった場合、復縁してもらうためには冷却期間が必要です。
自分の気持ちも、相手の感情も、どちらも冷却する期間。
自分がどんな気持ちでいていいのか、どうしてももやもやしてしまって、つらい期間であると言えるでしょう。
その正しい活用法とは、どういったものなのでしょうか?

 

 

1週間の冷却期間

穏やかな別れ方をした場合で、自分の気持ちも落ち着いており、もとから冷静なときの冷却期間は、1週間前後とされています。
ちょっとした喧嘩別れや意見のすれ違い、お互いの距離の置き方のズレなどによって別れてしまった場合などが挙げられます。

 

こういった場合は、再度話し合いの場を持つことが必要ですので、この冷却期間のあいだに、自分が相手の気持ちを取り戻すために何をしてあげられるのか、また自分は相手にどうして欲しかったのか、ストレートな言葉で説明できるようにまとめておくと良いでしょう。

 

彼と再び話せるときに、はっきり毅然とした態度で会話できると良いですね。

 

 

1ヶ月の冷却期間

喧嘩別れや考え方の大きな違いなど、相手と分かり合えないと思ってしまうほどの理由がある別れ方をした場合、冷却期間は1ヶ月程度必要になるでしょう。

 

別れてすぐの状態では、あなたは彼にとって理解できない存在であると言っても過言ではありません。
自分の気持ちや考えを理解してくれず、耳を傾けてはくれない人だと思われてしまっているのです。

 

こういった場合、すぐに話し合いをしても何も実りがない場合がほとんどですので、1ヶ月程度の冷却期間を置くのが良いでしょう。

 

そのあいだ、どうしたら彼に『私はあなたの意見を聞くつもりである』ということが伝わるか、しっかり考えましょう。
さらに、その考えが相手に伝わるための行動も併せて考えておくべきです。
どんなことでも、考えているだけでは相手に伝わらないことを忘れずにいてください。

 

 

3ヶ月の冷却期間

前述したように、別れの際に考え方が大きく違ってぶつかってしまった場合のなかでも、「別れたくない」「捨てないで」などとその場での復縁をしつこく求めてしまったとき、3ヶ月程度の冷却期間が必要になるでしょう。

 

縋られると、人はどうしてもその人への嫌悪感を抱く傾向にあります。

 

別れる原因の喧嘩自体は許せる程度のことであっても、必要以上にしつこくされることによって、本当に嫌気がさしてしまうということです。

 

こういった場合、そのままの自分では彼に受け入れてもらえない可能性が高いと言えます。

 

3ヶ月のあいだに自分の中身や外見、考え方をはっきりと目に見えるように変えて、それを彼にわかってもらうという段階が必要になります。

 

人として魅力的になったとき、彼と再会してちゃんと話し合いを行い、そのなかで「変わったな、話せばわかりそうだな」と思ってもらうことが非常に重要です。

 

おわりに

長さに関わらず、冷却期間はもやもやしてしまって耐えられない、という人もいると思います。
しかし、十分に時間をあけずに彼に復縁を持ちかけても、男性というのはやはりどんどん逃げていってしまうものです。
他のことを考えるようにしたり、仕事やプライベート、趣味に没頭するなどして彼のことを考えず、なるべく1日でも長い冷却期間をとるようにしましょう。
そのあいだはただ待っていれば良いというのではなく、自分がいかに人間として魅力的になったか、レベルアップしたかを相手に見せるための、自分磨きの時間を作ると良いでしょう。

あなたの体験談を募集!!

当サイトでは占いの体験談を募集しています。
あなたの体験談が当サイトを訪れる皆さんの役に立ちます!
是非、生の声をお聞かせください♪



人気復縁体験談

 

片思いの恋愛を両想いに変える強力な縁結びを占いをしてみませんか?

当サイトでは、長年の信頼実績がある大手電話占いサイトを

最新の口コミ人気ランキングでご紹介♪

占い師はいわば恋愛問題解決のプロ!

現在無料キャンペーンを実施しているサイトも盛りだくさんですよ♪

あなたも長い片思いから、強力なプロのアドバイスで素敵な両想いを叶えてみませんか?